いーじゃん!特撮ブログ版
いーじゃん!特撮ブログ版
ニュース・感想全部まとめてクライマックス
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--カフェ・マルダムール
カウンター席に座っている健吾が話しかける。

「どう?イクサの扱いには慣れたかしら?
もしわからなことがあったら、
このお姉さんに何でも聞きなさいね」

「じゃあひとつ聞いていいか?」
「なに、なに?ガツンと言って?」
「どうしたら 黙ってくれるんだ?
耳障りだし 不愉快だ。」


固まる、手に持っていたジュースを飲み干す。

「これを着なさい!」

健吾にTシャツを押し付ける男・名護が登場。
「なn なんだこれは」
「俺はお前のコーチになると決めた。」
おそろいのTシャツを着て 気持ちをひとつにするんだ!」


名護は、753と胸にかいてあるTシャツを着ている。

「753?
どういう意味だ」

「今のままではダメだ ファンガイアの中にも強いやつがいる。
俺が一から鍛えてやる
ちなみにこの数字は 7 5 3(な ご さん)
常に俺の名前を胸に抱き正義を行いなさい!」

「寝ぼけたことを言うな。」

アイスコーヒーを名護の頭にかける健吾

「どうだ?目が覚めたか? 俺はお前とは違う。」
「名護くん!」
「コーチなど必要ない!どんな敵でも倒してみせる。」
出て行く健吾。
「大丈夫?」といいながら名護をタオルで拭く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rider10.blog75.fc2.com/tb.php/6-6750c159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。